Skip to main content

Six Degrees Japan / www.sixjp.com

中小企業及び税理士・公認会計士向け付加価値向上・資金調達・財務改善情報サイト
ホーム
会社概要
お問合せ/情報配信無料登録
税理士・公認会計士の皆様へ
実抜計画・返済猶予・条件変更
こうなる金融円滑化法出口戦略
金融円滑化セミナー
銀行が認めた改善計画書大公開!
中小企業と支援機関を結ぶサイト
★最強経営出版社★
当サイト内検索(google)

 

中小企業金融円滑化法・実抜計画・返済猶予・条件変更・リスケジュールに関する経営情報のみを抜粋したページです。
※各経営情報はアドレスに記載している年月日時点での情報ですので、ご注意下さい。 www.sixjp.com/Pages/yyyymmdd.aspx
※情報が掲載されるとメールが届く配信無料登録はこちら
 

銀行が認めた経営改善計画書
↓↓↓(実抜計画)を大公開↓↓↓

 

 

 

<経営改善計画/実抜計画の実務>
 

金融円滑化の再建手法と金融機関支援の内容

債権回収専門会社に売却された他行債権を一部免除の上、当金融機関が肩代わりすることなどを骨子とした改善計画を策定支援

www.sixjp.com/Pages/20130831.aspx

 
中小企業と経営革新等支援機関を結ぶサイト開設
中小企業経営者に経済産業省認定の「経営革新等支援機関」や専門サービス業を紹介するサイトを開設しました。
www.sixjp.com/Pages/20130619.aspx

  

円滑化法終了間際のH25.3月は要注意
H25.3月は返済猶予の再契約、駆け込み申請で事務処理が相当混乱する!返済猶予しない企業に仕分けされていないか?
www.sixjp.com/Pages/20130202.aspx

円滑化法終了に伴う金融大臣談話を読み解く
談話をそのまま読むと円滑化法終了後も何ら変わらないように思えますが、●経営再建できる目に見える明確な要件●達成可能と容易に推測できる経営改善計画書この2点を金融機関に訴求
www.sixjp.com/Pages/20130115.aspx

円滑化法終了後の金融庁方針
今まで通りにお願いすれば返済猶予に応じてくれるというスタンスはなくなるものと考えられますので、如何に金融機関の手間を取らせないような対応ができるか
www.sixjp.com/Pages/20121103.aspx

金融円滑化法、経営改善見込みがない企業(緊急告知)
経営改善計画が未策定又は達成状況が不十分な場合には、②債務者区分の見直しを行い、適切な引当を実施する
www.sixjp.com/Pages/20120924.aspx

円滑化法終了まであと半年、金融監督・検査方針公表
現在は、中小企業の真の意味での経営改善につながる支援、すなわち「出口戦略」を強力に推し進めていく上で極めて重要な局面
www.sixjp.com/Pages/20120912.aspx

中小企業金融円滑化法の出口戦略が始まった
(2012.6.20緊急告知)金融庁から金融機関に対し、返済猶予企業の仕分け指示が出されました。
www.sixjp.com/Pages/20120620.aspx

経営改善計画書(実抜計画)は何年策定すればいいか
金融機関から融資を受ける場合、中小企業金融円滑化法(H25.3月末終了)に基き返済猶予・条件変更を申請する場合、経営改善計画書が必要となります
www.sixjp.com/Pages/20120515.aspx

H25.3月金融円滑化法終了後の対応、日本再生投資基金
金融円滑化法終了後引き続きの金融支援、条件変更を行ってもらうためには自ら経営改善計画書、実抜計画作成を行い、結果を出すしか方法はありません
www.sixjp.com/Pages/20120425.aspx

金融円滑化法、H25.3月まで正念場の1年
債務者区分をランクダウンさせる。今後1年間は返済猶予企業にとって正念場の1年となることは間違いない
www.sixjp.com/Pages/20120424.aspx

中小企業金融円滑化法再延長異論への反論
「不良債権の温床」「モラルハザード」ということが言われますが、これらを金融円滑化法延長と関連付けて論じるのは論理のすり替えである
www.sixjp.com/Pages/20120106.aspx
 
中小企業金融円滑化法再延長決定
金融大臣より円滑化法の再延長が発表されました、正式には2012年1月末国会にて再々延長が確定します。以下にて金融大臣談話のコメントを解説
www.sixjp.com/Pages/20111227.aspx
 
金融円滑化法再延長
金融庁が、中小企業の資金繰りなどを支援するための中小企業金融円滑化法の1年間延長を決めたことが明らかになった。
www.sixjp.com/Pages/20111226.aspx
 
返済猶予企業の社長、改善計画書の進捗、銀行員の声
金融円滑化法を返済猶予しなくてもいい権利であると、履き違えている(円滑化法は単に資金繰り支援の努力義務と数値状況報告義務が金融機関に課せられているに過ぎない)
www.sixjp.com/Pages/20111110.aspx
 
返済猶予・条件変更後の新規融資
当社が関与した事例でも返済猶予後1年後に信用保証協会の新規保証がついた事例もありますので、銀行プロパーでも不可能ではありません
www.sixjp.com/Pages/20111019.aspx
 
地方金融機関大再編の幕開けが始まった
金融庁は地域金融機関にも「中核的自己資本」を強化するように求める方針であるとの報道、これは地銀をはじめとする信金、信組の大再編の幕開けである
www.sixjp.com/Pages/20110922.aspx
 
実抜計画とは何だ、実抜要件に必要なこと
中小企業の場合、債権放棄・DDS・DES等の金融支援、スポンサー支援などを伴う経営改善は少ないので、経営改善計画書の1年以上の進捗
www.sixjp.com/Pages/20110902.aspx
 
銀行から円滑化法を提案されるパターン
業種によっては金融円滑化法による条件変更をお願いした場合には新たな短期借入金の調達が不可能となる可能性もあります
www.sixjp.com/Pages/20110727.aspx
 
中小企業と地域金融機関との連携強化
中小企業の経営者自身が主体的に経営課題の解決に向けて取り組むことが必要、金融機関への説明能力を高め、信頼関係を築き合う努力が求められます
www.sixjp.com/Pages/20110525.aspx
 
返済猶予の前に借換保証制度を使う
毎月の借入返済額の内、複数の保証協会保証付返済が負担となっているのであれば、その分のみを長期に借り換えることで毎月の返済額を減らすことができます
www.sixjp.com/Pages/20110523.aspx
 
金融円滑化法は今後変わっていく!
H22年は無条件に返済猶予を受け入れ、H23年は返済猶予企業に計画を提出させモニタリング(計画進捗チェック)を強化、H24年は計画未達企業を選別する
www.sixjp.com/Pages/20110522.aspx
 
急がれる実抜計画策定
中小企業の資金繰り悪化が懸念されるなか、返済猶予を受けながらも業績を回復できずに行き詰まる企業が、ここにきて相次いでいる
www.sixjp.com/Pages/20110427.aspx
 
全国420万社の中小企業を救う(士業・コンサル様向)
実抜計画策定と実行のためには、企業単独では難しいため、税理士・会計士等の士業や経営コンサルタントの方々の支援が必要です
www.sixjp.com/Pages/20110413.aspx
 
中小企業金融円滑化法 延長(4/1追記)
日本経済では全体の業績が向上するような景気対策はもはや不可能と言わざるを得ません。各々の企業の自己変革しか、生き残るすべはないのかもしれません。
www.sixjp.com/Pages/20101126.aspx
 
返済猶予アドバイザーとして中小企業を救う
金融機関、銀行員の業務負担増が大きく、通常の新規融資等の銀行業務に支障をきたしており、預貸率の低下やプロパー貸出の減少の一因
www.sixjp.com/Pages/20110307.aspx
 
金融庁検査結果事例集
営業店が、申込日から3ヶ月経過した案件は謝絶するものと誤って理解して顧客に謝絶の説明を行っている事例
www.sixjp.com/Pages/20110224.aspx
 
金融円滑化法、金融庁の方針が変わった
今後の金融円滑化法は経営改善計画書を作成しない、作成しても8割達成しない等となれば、返済猶予の同意や更なる猶予の延長が難しくなることも懸念される
www.sixjp.com/Pages/20110126.aspx
 
金融円滑化法に対する声(企業編)
条件変更を申し込むに当たり、再建計画を作成したことは、自社の経営を見直す良い機会となり、結果として増益効果もあった。
www.sixjp.com/Pages/20101117.aspx
 
金融円滑化法に対する声(銀行編)
条件変更先については、20%強の企業が経営改善計画を策定済みであるが、計画未策定先に親身になって取引先支援していきたい。【F銀行】
www.sixjp.com/Pages/20101112.aspx

条件変更・返済猶予中の手形割引
条件変更後半年くらいで手形割引に信用保証協会が保証をつけてくれた事例もあり、経営改善計画書の策定とその計画達成、粘り強い交渉が必要
www.sixjp.com/Pages/20100930.aspx
 
返済猶予時の返済方法(プロラタ)
事業再生を目的とした返済猶予(中小企業金融円滑化法)であるから、債務不履行になることを前提とした発想ではなく、再生を念頭に置く必要がある
www.sixjp.com/Pages/20100831.aspx
 
条件変更・返済猶予中(元金減額)の新規融資
条件変更中の新規借入は難しいのが実態です。しかし、不可能ではないことも事実です。実抜計画に基き、条件変更期間中に会社再建を行えば、通常の与信も復活します。
www.sixjp.com/Pages/20100430.aspx

参考になる金融機関の取組み事例集
業況が悪化した卸・小売業者に対し、経営改善計画の策定と返済条件の変更を実施。改善計画のフォローとともに将来の事業展開等を検討
www.sixjp.com/Pages/20100406.aspx
 
中小企業金融円滑化法(返済猶予法)Q&A
Q5:条件変更を行えば、新たな融資は難しいと聞きますが、事例ではどうですか?Q6:条件変更を行った場合、既存の金利はどうなりますか?
www.sixjp.com/Pages/20100225.aspx

返済猶予・条件変更よくある質問(金融庁)
企業からの条件変更等の依頼があった場合、銀行は追加保証・担保、金利引上げをしてはいけないのですか?
www.sixjp.com/Pages/20100201.aspx

返済猶予法成立後の現状
法律が出来たのだから返済猶予が簡単にできると誤解されている面がある。法的に倒産や民事再生法をしなくても、借入返済が軽減できる制度と考えたほうがいい
www.sixjp.com/Pages/20100130.aspx
 
実抜計画(3)
最近当社で策定した計画書では総ページ数が50ページ、計画書文書の部分が13ページ、財務補足資料他(エクセルで作成した財務データ)が37ページ
www.sixjp.com/Pages/20100119.aspx
 
実抜計画(2)
借りたものを返さないということは約定違反であることは現実ですので、条件変更をお願いする経営者はそれなりの経営再建に対する覚悟が何より必要
www.sixjp.com/Pages/20091228.aspx
 
実抜計画書
実抜計画とは。。。計画書は中身である、体裁に拘る必要もなく、経営者の考えを言葉と数字に置き換え、自ら説明することである。
www.sixjp.com/Pages/20091124.aspx
 
経営改善計画書とは(条件緩和,返済条件変更) 
債務者である中小企業が経営改善計画を策定していない場合でも、今後の経営改善の見込みがあれば計画が策定されている場合と同じように取り扱うとのことですが、経営改善の見込みはどのように判断すればいいのですか。
www.sixjp.com/Pages/20090328.aspx
 
金融庁の条件変更緩和(2)
<質問内容>(東京都製造業経営者)条件変更の際に提出する「経営改善計画」のフォーマットなどはありますでしょうか?再生支援協議会で入手できるのでしょうか?
www.sixjp.com/Pages/20081130.aspx
 
金融庁の条件変更緩和
平成20年11月7日付けにて金融庁は金融機関の中小企業に対する融資の条件変更緩和策「中小企業向け融資の貸出条件緩和が円滑に行われるための措置」を発表しました。この条件変更緩和とは何かについて、その対応策を検討しました。
www.sixjp.com/Pages/20081125.aspx
 
 <中小企業金融円滑化法の内容>
 

 円滑化法終了施策「経営支援型セーフティネット貸付」
首相官邸より「中小企業の皆さま、金融円滑化法の期限が切れる4月以降も、おーーーきな安心をお届けします!」として新聞の全面広告が出されました。
www.sixjp.com/Pages/20130328.aspx

 

認定支援機関による経営改善計画策定支援事業開始
支援事業で助成金を申請するためには事前に金融機関の書面による同意が必要ですので、単なる数値を羅列した計画書ではなく、実抜計画であることが重要
www.sixjp.com/Pages/20130309.aspx
 
金融円滑化法終了後の金融庁の対応
資本性借入金は、金融機関からの借入金を返済優先順位の低い借入金(劣後ローン)と見なすことにより、融資格付けが良くなり、次なる新規融資をしやすくするための会計上のテクニック
www.sixjp.com/Pages/20130208.aspx

 

認定経営革新等支援機関の皆様へ
特に中小企業金融円滑化法に基づき返済猶予を行っている企業は全国に個人企業含めて約80万社超ありますので、まずはその企業の支援を各地の認定経営革新等支援機関が行うことが急務と考えます。
www.sixjp.com/Pages/20121106.aspx

 

中小企業経営力強化支援法が施行されました
「経営革新等支援機関」の認定は最大で1万件が予定されていますので、中小企業を支援する専門サービス業の方は認定を受けて当たり前ということも十分想定されます
www.sixjp.com/Pages/20120830.aspx
 

 

中小企業金融円滑化法に代わる中小企業経営力支援法とは

中小企業経営力強化支援法は広く中小企業の再生と経営革新を支援する制度で、税理士・公認会計士等の方々が認定経営革新等支援機関

www.sixjp.com/Pages/20120721.aspx

 

中小企業金融円滑化法の出口戦略(提案)
①経営改善計画書の作成、②金融機関による経営改善計画書のチェック、③進捗の月次報告、④金融支援の判断

www.sixjp.com/Pages/20120507.aspx

 
金融円滑化申請状況
21年12月に施行された金融円滑化法も2年超が経過しました、金融庁他からH23.12月末現在の申請状況が公表されています
www.sixjp.com/Pages/20120228.aspx
 
金融検査結果事例集(2012.2.23金融庁) 

金融円滑化法監督指針Q&A(2011.4.26金融庁)

金融機関のコンサルティング機能発揮(2011.4.4金融庁)
リースも返済猶予の対象に(2011.4.5追記)
「中小企業金融円滑化法」をめぐり、政府は新たにリースを対象に加える方針を固めた。具体的にはリース料の支払い猶予やリース期間の延長など
www.sixjp.com/Pages/20100412.aspx
 
金融庁パブリックコメント
「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律に基づく金融監督に関する指針、金融検査マニュアル等」について
www.sixjp.com/Pages/20091229.aspx

 

条件変更対応保証制度
本制度は原則、公的金融(日本公庫、商工中金、信用保証協会)を現在利用されていない中小企業者の方々が対象です。
www.sixjp.com/Pages/20091202.aspx
 
中小企業金融円滑化法の成立
中小企業金融円滑化法の成立、緊急保証の指定業種の見直し、中小企業向け危機対応業務の運用見直しについて
www.sixjp.com/Pages/20091130_1.aspx
 
金融検査マニュアル案の公表
金融庁では、中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する政令案、内閣府令等案、監督指針等案、金融検査マニュアル案を別紙のとおり取りまとめましたので公表します。
www.sixjp.com/Pages/20091130.aspx
 
中小企業金融円滑化法案
亀井大臣の「モラトリアム法案」として論議された「中小企業円滑化法案」、条件変更対応保証、中小企業年末対策について
www.sixjp.com/Pages/20091031.aspx
 
返済猶予制度
「借りたものは約束どおりに返す」のが当然である。「返したくても返せない」「返せるのに返さない」同じ返済猶予でも上の2つはまったく意味が違ってくる
www.sixjp.com/Pages/20091008.aspx

金融庁・経産省が徹底すべきこと
既にモラトリアムなどの論議をしなくても、20.11月から中小企業への貸出金に対する貸出条件緩和策が示されているのだが、金融機関の現場では浸透していない状況が散見される。
www.sixjp.com/Pages/20090927.aspx
 
元本返済への取組強化(経済産業大臣)
将来の返済見込み、金利支払いの継続、民間金融機関等による協調支援などの要件を満たす場合には、元本返済の猶予に前向きに対応するとの方針を明確にすることに致しました。
www.sixjp.com/Pages/20090331.aspx
 

 sixjp内サイトリンク